本文へ移動

作業療法室のご案内

作業療法(OT)とは?

作業療法とは、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業(対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為)に焦点を当てた治療、指導、援助の事です。

作業療法(OT)の目的

  • 精神の安定を図る
  • 生活リズムを整える
  • 基本的なコミュニケーション能力を身に着ける
  • 日常生活を安定させ、より良い社会生活へとつなげる
  • 気分転換を図る
    等

対象者

土浦厚生病院に入院されている方、外来通院されている方を主な対象としています。
年齢層は、20~80歳までと幅広くいらっしゃいます。

プログラム

当院OT室では、各個人に合わせたプログラムを提供しております。

OT室プログラム

午 前
個別活動 いきいき倶楽部 鑑賞クラブ リフレッシュ
スポーツ
書  道
午 後
リラクゼーション
(女性限定)
リハビリグループ 絵画グループ
期間限定グループ

病棟OTプログラム

・リカバリー支援教室
茨城県が推奨している、『いらばき県版 こころの生活支援手帳』を活用し、各専門職による地域生活に役立つ情報提供等を行なっております。
 
・社会生活技能訓練(SST)
コミュニケーション技術の向上や困難さの解決を目的として、様々な生活場面を想定した疑似体験とその振り返りを行なっております。
 
・ストレスケア
生活の中にとり入れて頂けるようなストレス対処方法(深呼吸、マインドフルネス、ツボ押し、音楽鑑賞等)を実施しております。
 
その他にも、OT室に来られない方に向けて運動や手作業を通して、身体機能面・精神機能面・認知機能面へアプローチするプログラムも実施しております。
 
 
最後に…
 
患者様一人ひとりの「やってみたい」「できるようになりたい」を、「できる」「やってよかった」に変えられるようお手伝いいたします。
OT室入口
OT室内
OT室作品
体育館
TOPへ戻る