医療法人 霞水会は、茨城県土浦市で土浦厚生病院、シルバーケア土浦、グループホームオアシス、訪問看護ステーションの運営を行っております。

 

看護部紹介

 

看護部長

看護部長
 
ごあいさつ
 
 当院は急性期治療病棟・療養病棟・外来・デイケア・デイナイトケア・グループホーム・訪問看護ステーションを併設し、急性医療から在宅医療まで機能的に、その方に合わせた医療・看護の提供ができます。
 
 当院の理念である「その人の可能な限り最良の健康状態にいたる手助けをしよう」を基に、看護部では「思いやり」「いたわり」「優しさ」をもち、悩む患者様の支えとなり、その心にじっくりと向き合い、病状回復に寄り添う看護にあたっています。
 

1階病棟

1階病棟
 
《紹介》
こころとからだが疲れてしまった方のために、療養と気分のリフレッシュができる病棟です。
 
《目標》
1.患者様とご家族が抱えるストレスを解決できるように支援します。
2.ヒューマンエラーを減らすための業務改善が適時に行える。
 
《師長から一言》
急性期病棟ではリカバリーを促進する支援環境を大切にしています。
早期治療によって1日も早く社会復帰して頂ける様、サポートしてまいります。
 

2階病棟

2階病棟
 
《紹介》
当病棟は長期入院の患者様が多い病棟です。そのため加齢に伴う身体管理を必要としている方が大半を占めています。その中で精神状態の安定を図り、介護保険を取得し、近隣の老人施設への退院支援を実施しております。
 
《目標》
1.いたわりと思いやりの気持ち、患者様個人の尊厳を守る努力をしよう。
2.医療従事者にふさわしい言動・行動を身に付けよう。
3.注意・指導を素直に受け入れることのできる柔軟な心をもとう。
 
《師長から一言》
当院の中でも「いちばんの元気印」と呼ばれています。「楽しくなければ職場じゃない!!」という思いでスタッフ同士チームワークの良さで忙しさを乗り切っております。人の喜びを自分の喜びと感じることができる人間作りの場にしたいと思っています。
 

3階病棟

3階病棟
 
《紹介》
当院で唯一の男性療養病棟です。
 
《目標》
1.患者様の強みを共有して、笑顔のある生活ができるように関わります。
2.患者様が困っている事などに気づき、一緒に解決できるように関わります。
3.安全で安心した療養環境を提供するために、危険回避と小さな気づきを共有して事故防止に努めます。
 
《師長から一言》
「人の痛みを感じ、感謝の気持ちを忘れない」をモットーに、患者様と職員、職員同士、協力しながら笑顔と心が通う病棟です。個々の職員の人間性が問われ、喜びや悩みなど多くのことを経験しながら日々成長することで、患者様との信頼関係を高めていきます。
 

4階病棟

4階病棟
 
《紹介》
4階は男女混合病棟です。看護体制は固定チームナーシング制で、患者様中心の継続した看護提供を目指しています。患者様一人一人がその人らしく自立した生活を過ごせるよう支援しています。
 
《目標》
1.患者様の思いに耳を傾け寄り添う看護を提供します。
2.チームの力で質の良い継続した看護を提供します。
3.常に学ぶ姿勢を持ち知識・技術・人間性を磨きます。
 
《師長から一言》
当病棟は精神科の熟練看護師から一般科経験の豊富な看護師、若手からベテランまで揃い、若手のフレッシュな感性と熟練の多様な経験から得た知識を共有し、互いの看護の成長に役立てています。
 
 

5階病棟

5階病棟
 
《紹介》
当病棟は男女混合閉鎖病棟です。患者様の目線に立ち、その人らしく生きていくための支援を実践しております。
 
《目標》
1.患者様に継続した責任のある看護を提供します。
2.患者様の立場に立ち、やさしさと思いやりのある看護を提供します。
 
《師長から一言》
当病棟では、固定チームナーシングを取り入れております。受け持ち患者様の看護に責任を持って業務を遂行し、新人からベテラン看護師までスタッフの育成に力を入れ頑張っております。
 

外来

外来
 
《紹介》
当外来は、個々の患者様のニーズに沿った支援を行うため、患者様を中心に医師・看護師・PSW・事務・社会復帰施設・訪問等と連携し地域生活を支援・援助しています。
 
《目標》
患者様が安心・安全な受診ができるよう、一人ひとりの気持ちに寄り添い思いやりのある看護を提供します。
 
《師長から一言》
患者様・ご家族が安心して受診できる環境調整を目指しています。
また、患者様が抱えている不安や心配事が少しでも軽減できるよう、寄り添いながら対応していくことを心がけていきます。