本文へ移動

シルバーケア土浦

お問い合わせ

ごあいさつ


施設長 塚原健介
  
 シルバーケア土浦のモットーは「寄り添う介護の実践」です。医師、看護師、介護福祉士、介護職員、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、介護支援専門員(ケアマネージャー)、支援相談員による多職種協働にて、在宅支援に向け、入所、短期療養介護、通所リハビリテーションによるサービスを展開しています。認知症専門棟では、重度の認知症の方のケアを行っております。また、認知症短期集中リハビリ、ターミナルケア等を実践しております。

 何でもお気軽にお問い合わせください。



施設概要

所在地 〒 300-0026茨城県土浦市木田余4606
Tel 029-826-7021  Fax 029-826-6410
入所 定員 100名 (一般棟 50名、認知症棟 50名)
通所リハビリ 定員  20名
短期入所 定員   2名 (空床転用)
職員 医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、
介護支援専門員(ケアマネージャー )、支援相談員、管理栄養士など

シルバーケア土浦からのお知らせ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

9月の行事食

2021-10-04
・9月6日 横浜銘菓「ありあけのハーバー」美味しかったです。
・9月15日 行事食「敬老の日メニュー(太巻き・いなりずし等)」とおやつは四季の和菓子「花菊」に舌鼓を打ちました。
・9月21日 沖縄郷土料理「タコライス」を食べました。
・9月27日 手作りおやつ(おはぎ)を入居者の皆様と一緒に作って楽しみました。

9月の行事食2

2021-10-04

9月行事予定表です。

2021-08-26
・ご面会は原則、施設玄関のガラス超しでの対応となります。
・大人気の屋外天然温泉足湯を予定しています。
・行事食沖縄郷土料理「タコライス」や横浜銘菓「ありあけのハーバー」等を予定しています。
・好評の手作りおやつ(おはぎ)も予定しています。

〇8月の行事食

2021-09-13
・8月10日 宮城郷土料理「はらこ飯(鮭・いくら等)」とおやつは四季の和菓子「夏色あさがお(レモンゼリー)」が季節感たっぷりで美味しかったです。
・8月16日 東京銘菓「ひよこ」美味しかったです。
・8月19日 手作りおやつ(昔懐かしいところてん)を入居者の皆様と一緒に作って楽しみました。

〇8月の行事食2

2021-09-13

スタッフ紹介

シルバーケア土浦は「寄り添う介護」を目指します


 シルバーケア土浦は、ご利用者様が心身健康に自立した生活が送れるように、またご家族様の介護の不安に丁寧に対応できるように、専門スタッフが皆様をサポートいたします。
また、日々のレクレーションや季節ごとの行事や外出、地域のボランティアのお受け入れなど地域に開かれた施設を目指します。
  
 医師 
診療や治療などの医療行為を行います。

内科医、精神科医、皮膚科医がおります。
 
 看護師  
健康的に生活できるよう健康管理を行います。
胃ろう、インシュリンのお受け入れしています。
 
 介護士  
ご利用者様の心身が健康に送れるよう日常生活のサポートをします。
 
 管理栄養士 
一人ひとりに適した栄養管理を行います。
行事食、手作りおやつなど美味しい楽しい食事を提供します。
 
 リハビリ(理学療法士・作業療法士)スタッフ 
ご利用者様の力を最大限に使えるよう身体機能、認知機能のリハビリを行います。
短期集中リハビリ・認知症短期集中リハビリ行っています。
 
 介護支援専門員(ケアマネージャー)  
ご利用者様やご家族様とともにケアプランを作成します。
 
 支援相談員  
利用相談をはじめ、困ったことや不安なことの相談窓口です。
医療機関や関係機関との連携を行います。

治療の実施状況のご報告(所定疾患施設療養費)

所定疾患施設療養費算定人数および治療日数

TOPへ戻る